本文へ移動

会社沿革

会社沿革

昭和39年9月
株式会社東京すずらん設立
昭和45年12月
宇都宮地区に進出株式会社ダイシンサービスを新設、資本金300万円。
昭和47年4月
石川商店を株式会社アールエスエスに改組し資本金200万円にて設立。
昭和47年9月
東京都足立区六月に新型大型規模工場を建設し本社工場とする、資本金 200万円。
昭和48年10月
池袋を中心とした城北地区に有限会社西武リネンサプライ新設、資本金200万円。
昭和52年10月
埼玉県浦和市に新工場を建設、埼玉県全域の販売拡充に伴い生産増強はかる。
昭和55年9月
栃木県下都賀郡石橋町に新工場を建設、宇都宮工場を移転し北関東全域に配送網の拡充。
昭和58年5月
埼玉県羽生市の工場、八橋ドレスショップと合弁し埼玉県北部地区の生産販売の合理化をはかる。
昭和63年8月
東京都足立区花畑に新倉庫建設、ベトナム·中国よりコンテナ船にて輸送される、おしぼり原反を安定供給させる為の保管用とする。
平成元年3月
埼玉県蕨市に大型新工場建設、アールエスエスグループ傘下へ。
株式会社東京すずらん 資本金500万円。
平成2年3月
静岡県富士宮市に紙おしぼり専門工場建設する。
平成5年6月
東京都足立区一ツ家に最新設備、生産自動化システム、衛生完備工場を建設し本社を移転する。これに伴い西武リネンサプライ工場を統合する。
平成6年8月
埼玉県浦和市に輸入雜貨販売を主とする株式会社スキット設立、資本金 1000万円。
平成7年12月
東京都足立区に島根倉庫、六月倉庫完成。日用雜貨、食料品の日配に対応する。
平成8年5月
静岡県に富士宮工場を使い切りおしぼりの全国販売拡大に伴い、自社一貫生産を開始。
ハイスピードおしぼり製造装置を20ライン増設する。
新鋭の大型一体自動倉庫の新設、本社とのオンラインシステムにより全国確実な即日配送網の確立。
平成11年12月
東京すずらん、おしぼり専用連続式洗濯機導入、品質の向上を達成する、資本金5000万円。
平成13年
東日本おしぼり組合より最初の優良工場の認定を受ける。
平成14年
埼玉県フィルムコミッション加盟。
平成15年
ECO STAGEに取り組む、環境負荷削減を数値化することで、より効果的な成果を目指す。
平成19年
東京中小企業家同友会入会。
平成23年
東日本大震災後、被災地ボランティア活動実施。(平成30年まで年一回)
平成27年
「衛生度の高いおしぼり」東京都経営改新計画認定。
平成29年
飲食店様のユニフォームなどの水洗い部門をはじめる。
染み抜き機導入、不入流の染み抜きを学ぶ。
令和 2年
抗ウイルス剤を添加したおしぼりの生産始める。
TOPへ戻る