本文へ移動

代表挨拶

役に立つ仕事をして、誇りをもって働きたい
株式会社東京すずらん 代表取締役 石川啓夫

何のために働くのか、
長年働くなら人様の役にたって、気持ちよく働いて確実に成長していきたいと思いませんか?

おしぼりは日本で生まれ、日本の外食産業の独自性に大きな役割を果たしています。

しかし、日本の外食産業の進歩は世界的に見ても目覚ましく、
それに合わせて私たちの事業も進歩していって、
日本の外食産業の一翼を担わなくてはならないはず。
私たちは今、 大きな進歩を外食産業と日本社会から求められていると考えています。

何か大きな進歩や変化を実現させるためには、
それを実現させようという意欲のある社員が必要です。
そのため、私たちは魅力ある会社づくりにもカをいれています。

コンプライアンス遵守・情報公開・権限委譲・社員教育・
話し合いによる意思決定など
年々向上しこれからも発展させていきます。

その実現のためにはある程度の年月は必要となります。
そのため私たちは仕事と向き合う ために重視するのは、
ひとりひとりの能力や才能より目標に向かっていく努力をつづける
粘り強さをより重視します。

そのため努力そのものが世の中の人々に役立っているという
実感を持つことのできる感性と、
世の中を少しでも良くすることに役割を果たしているということを
理解できるために社会の関心は必要です。

つまり、人の役に立つこと世の中を良くしているということに
喜びを覚えることが働く上で最も大事だと考えています。
仕事を通じて人様や世の中の役に立って、
世の中を良くすることに一緒に目指しませんか。
やりがいのある人生にしませんか。


TOPへ戻る